㉚【2014/10/19】神奈川県聴覚障害者大会「カナガワデフ・ウエイ2014伊勢原講演」に初陣

この催しは、聴覚障害者に対する理解を深めてもらうためのものです。このたび甲冑隊は、アトラクションの部で参加要請があり、少ない芸の中から「相模五人の武将の揃い踏み」を披露いたしました。場所は伊勢原文化会館大ホールで行われました。甲冑隊は、大会始まって直後のアトラクションで一番手の出陣でした。初めての聴覚障害者の皆さんが対象の出陣で戸惑いました。甲冑隊の寸劇は、伊勢原市に関係のある、5人の戦国武将を甲冑隊員が一人一人、各武将の自己紹介を言葉で表現するもので、その武将の横で説明に遅れることなく手話で客席の皆さんに伝えて頂きました。その早さに感服しました。更にパソコンを利用した映像字幕表現の早さも驚きました。健常者である甲冑隊は健康であることの有り難さを再認識しました。これからも出来る限りご協力できればと思っています。観劇者も500人超がありました。(主催者発表)  (写真提供清水利一隊員)

 

 

 

カテゴリー: 2014年, 活動報告 パーマリンク